防災訓練

オフィスの入っているワイキキの雑居ビルは、アメリカじゃ珍しい(?)防災訓練が1~2年に1回くらい行われます。

指定された日の、ある時刻になると火災報知器が鳴り、避難勧告のアナウンスが流れます。今回は午後3時頃でした。

建物の中にいる人はエレベーターを使わずに、非常階段から逃げなくてはいけません。同じフロアーに居る車椅子のおじさんは、こういう場合どうするのでしょうか。今日は訓練だから別にいいけど、本当の火事だったりしたら逃げられないのでは?

とりあえず避難した人々は近所にあるパブリックのパーキングに集合します。去年、このパーキングで昼間っから2人組の強盗(というかひったくり?)に襲われた私にとっては、このパーキングは別な意味でぜんぜん安全に思えませんが...。ところで皆、何を並んでいるのかというと...。






緊張感もへったくれもない避難訓練(参加しないでそのままビルに残っている人もたくさん)ですが、参加した人達(自分も含め)の一番の目的は...参加したご褒美にもらえるアイスクリーム!(←子供か~!!)

DSC02511_convert_20080823083528.jpg

上の写真は同僚の食べてたもの。私のアイスはチョコレート&ナッツがけ。おいしかったです。おみやげに朝鮮人参入り緑茶ジュースを1缶もらって避難訓練は終わりました。

ちなみに、このビルではしょっちゅう火災報知器&避難勧告のアナウンスが鳴り、その都度何ごともなかったので、今では避難する人はほとんどいません。万が一、本物の火事が起きても、誰も避難しなさそうです。

まるで『ピーターと狼』。ただし危険な目に会うのは、私達?
関連記事
スポンサーサイト