ノイタイ・キュイジーヌ

この秋、ロイヤルハワイアンセンターのC館3階にオープンした
本場タイのファインダイニング「ノイタイ・キュイジーヌ」

シアトルを中心にワシントン州やオレゴン州で展開するタイ料理店
のハワイ一号店です。








落ち着いた雰囲気の広い店内には、全160席のメインダイニングと
フルサービスのバーに2つの個室があります。
01DSC01616_convert_20151119080201.jpg
こちらが一番カジュアルなエリア。






ちょっと奥のテーブルは、さらにタイっぽいムード!
02DSC01615_convert_20151119080320.jpg






ゴールデンリーフが下がる個室の一つ。
03DSC01630_convert_20151119080338.jpg
嬉しいことに個室のルームチャージはなし! ある程度の人数が揃う
場合には、予約の際に個室をリクエストするとゆっくりできそう。






セミプライベートな雰囲気の影絵の部屋や、右下のキッチンに対面した
“シェフズテーブル”もあり。厨房内にあるシェフズテーブルは、メニュー
のないおまかせコースになるVIPのためのプライベート空間。
04Untitled-1_convert_20151119080301.jpg
このお店のシェフは、タイの一流ホテルで腕をふるい数々の賞を受賞した
経験があるそう。

そしてバンコクの宮廷をイメージしたこのレストランは、マッサマンカレー
やトムヤムクンなど、いくつかのメニューがCNNが選ぶ「2011年世界の
ベストフード50選」にも選ばれたそうです。






アペタイザー:ギャロッピングホースとクリスピー・タロロール。
05DSC01625_convert_20151119080439.jpg
ギャッロッピングホースは、タイ風の肉味噌団子という感じでおいしい〜♪
タロロールの具は、ミンチにしたエビとタロイモ! 甘いプラムソースで
頂きます。






アヒツナサラダ
06DSC01639_convert_20151119080500.jpg
新鮮なアヒをレモングラスやジンジャーなんかと和えて、ライムドレッシング
が絞ってあるサラダ。ペルー料理のセビーチェをマイルドにした感じ。

蓮の葉と花の器に入ってきます。花びらも食用ですと言われて食べて
みましたが、味は…ない!?






こちらはエビのパッタイ。
07DSC01657_convert_20151119080516.jpg
このお店のお料理はプレゼンテーションが一つ一つとっても凝っています。
このパッタイもバナナの花を飾り切りしたもの(これは食べられませんが)
の上に乗って来ました。

卵は一番下に敷かれているので、よく混ぜてから取り分けます。






ロイヤルハワイアン・ドリーム。
08DSC01658_convert_20151119080536.jpg
マヒマヒのお料理ですが、運ばれてきたものを見てビックリ!
綿アメ…? テーブルに運んで来た後で、綿アメの上から仕上げの
ソースをかけてくれます。タイのスパイスと淡白なマヒマヒの味が
よく合います。






さらに驚いたのが、このトムヤムロブスター。
09DSC01642_convert_20151119080553.jpg
ロブスターテイルにスパイシーサワースープをかけていただくお料理ですが、
コーヒーみたいにサイフォンにスープが入っています。






楽しい〜、そしておいしい〜♪
10DSC01647_convert_20151119080633.jpg






ローストダックのレッドカレー。
11DSC01653_convert_20151119080657.jpg
パイナップで炊いたライスと一緒に食べます。大根でできた白い小鳥
がすごいインパクト。カレーの味は割と濃いめの甘め。






最後にデザートは、ココナッツミルクとパームシュガーで煮たバナナ。
12DSC01664_convert_20151119080711.jpg
ココナッツミルク好きなので、気に入りました〜。

余談ですが、厨房のシェフズテーブルの部屋を見せてもらったとき、
キッチンの目立つところに、ちゃんとタイの王様の写真が飾られて
いてなんだかほっこりしました。

Noi Thai Cuisine
ロイヤルハワイアンセンターC館3階
営業時間:10:30〜23:00 *ハッピーアワーは15:00〜19:00@バー&ラナイ席
TEL: 664-4039
URL: www.noithaicuisine.com


宜しければクリックお願いします。






関連記事
スポンサーサイト