スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランタンフローティング 2016

毎年メモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)に、アラモアナビーチパーク
のマジックアイランドで行なわれるランタンフローティング・ハワイ

第18回目を迎える本年は、5月30日に行なわれました。



イベントが始まるのは夕方からですが、ボランティアするためお昼過ぎ
に現地へ。






灯ろう(ランタン)を配っているテントは10時からオープンしている
ので、私が着いた時には既にたくさんの人が並んでいました。
02IMG_7550_convert_20160610125208.jpg






どの人も真剣に心を込めて丁寧にメッセージを書いています。
03IMG_7554_convert_20160610125222.jpg






この日は朝から晴れたり曇ったり、急に雨が降ったり、不安定なお天気。
04IMG_7548_convert_20160610125234.jpg
それでも本番の準備は着々と進行しています。






ステージプロダクションや撮影班など、私の仕事関係の知り合いも何人も
見かけました。取材でお世話になってるカメラマンの田辺さんも〜♪
05Untitled-1_convert_20160610125253.jpg






夕方6時半。いよいよ式典開始です。

和太鼓の演奏の後、ハワイアンミュージックが始まりました。
06IMG_7570_convert_20160610125329.jpg
今年はネイサンという名の兄さんこと、ネイサン・アヴェアウ。
いつ聞いてもいい声〜♪






この頃から、とても美しいサンセットが暗い雲を押しのけるように姿を
現しました。
07IMG_7576_convert_20160610125341.jpg






出番直前のフラハラウの方達。
08IMG_7578_convert_20160610125410.jpg






オリとフラが始まりました。
09IMG_7583_convert_20160610125429.jpg






裏のテントの中にいたので、所々モニターショットで失礼します(汗)
10IMG_7586_convert_20160610125500.jpg






花びらの散華の後、灯ろうの供養が始まりました。
11IMG_7592_convert_20160610125516.jpg






待ちかねたように、ビーチから一般の灯ろうが流され始めます。
12IMG_7595_convert_20160610125534.jpg






この頃になると、ビーチは5万人以上の人々で埋め尽くされていました。
13IMG_7596_convert_20160610125548.jpg
こんなに大勢の人がいるのに大声を出したりする人もなく、毎年この瞬間は
不思議なほど静かで厳粛な空気が流れています。






これから親灯ろうをカヌーに乗せて流します。
14IMG_7599_convert_20160610125602.jpg






日中オンショアで心配していた風向きも、いつしかオフショアに変わり
みんなの流した灯ろうが沖に向かって流れて行きます。
15IMG_7600_convert_20160610125622.jpg
といっても灯ろうはリーフを超えないようになっています。






すっかり日が暮れたマジックアイランド。式典が終わるのを待っていたか
のようなタイミングで、雨が降り始めました。
16IMG_7608_convert_20160610125641.jpg
海と雨で濡れながらも、近くで灯ろうを見ようと大勢の人達がいつまでも
ビーチに佇んでいました。

みんなが心を込めて流したランタン。今年は6,000個以上が流されました。

ちなみに灯ろうは終了後に全て回収して、また来年リサイクルされます。
紙の部分は乾かして、お焚き上げされます。

あらゆる国、人種、文化、宗教の隔てを越え、戦争、水難、事故、
天災、飢餓、病気などで亡くなった人々や先祖への供養と、世界
平和を祈るランタンフローティング・ハワイ。

本当に素敵な一日でした。

Lantern Floating Hawaii: www.lanternfloatinghawaii.com


宜しければクリックお願いします。








関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。